LEARN with Porsche

LEARN with Porsche

人工知能やロボットなどの科学技術は、我々の社会システムを大きく変えつつあります。教育についても新しい学びが必要であると言われていますが、そこに明確な方向性は示されておらず、既存のリジッドな教育システムの中では新しい学びの場を提供しにくいのが現状です。受験中心の学びは子どもの知識量を増やしていますが、一方で、子どもの知識のリアリティが欠けており、知識を活用して課題解決する力が低下しているといった声も聞こえてきます。また、学校は、多様性理解を謳いながらも画一的な教育から抜けられないのが実情です。その突破口はどこにあるのでしょうか? 学校教育に飽き足らず、学力だけでなく社会で生きるための真の学びを追求したい子どもたちがいます。LEARN with Porscheは、そんな子どものためのスカラーシッププログラムです。このスカラーシップを受けた子どもたちが将来多様性を認め合うフレキシブルで、イノベーティブな未来の社会を産み出すものと信じています。

東京大学先端科学技術研究センター人間支援工学分野は、ポルシェジャパン株式会社とともに夢に向かう力を引き出すプログラム「LEARN with Porsche」をはじめます。 中高生のみなさまのご応募をお待ちしております。

趣旨

未来の壁に立ち向かっていくスカラーシップ生を探し、これからの学びに必要な心構えと夢をプレゼントする独自のイノベーティブなスカラーシッププログラムです。自然災害やコロナ禍など不確定・不安定な現在の状況下にも、リアルな生活の中に社会の現実を直視し、そこで得た経験、教科書やネットで学んだ知識を結びつけていく必要があります。それと同時に、非日常な体験を通して課題に立ち向かう突き抜けた力を養うことも大事だと考えます。実施するプログラムでは、情報機器を使わず経験や体験、人との関わりを通して答えを導き出すようなカリキュラムを用意し、合宿を通じて学びます。

プログラム一覧